アスリート
藤波 辰爾Tatsumi Fujinami

藤波 辰爾

プロレスラー

名前
藤波 辰爾 / Tatsumi Fujinami
誕生日
1953年12月28日
趣味
  • 城巡り
レギュラー番組
藤波 辰爾
藤波 辰爾
藤波辰爾_白3
略歴

中学に入学後、テレビでプロレスを観戦。後の師である、アントニオ猪木に憧れ、中学2年で、日本プロレス入門を決意。
中学卒業後、トレーニングジムに通い、その後大分に巡業に来た日本プロレスに、合流。その日から、同郷の魁勝司選手(北沢氏)を訪ね
入門を志願し、無理やり同行、押しかけ入門する。

その後、昭和46年に日本プロレスを離れたアントニオ猪木の、新団体旗揚げに参加。昭和47年3月新団体、新日本プロレスリング
旗揚げ。わずか5人でのスタートであった。
昭和49年、第1回カール・ゴッチ杯争奪戦に優勝し、海外行きのキップを手にする。翌50年6月に初渡欧。ドイツ・メキシコを転戦。
その後、アメリカに渡り、プロレスの神様カール・ゴッチの元で修行。約3年8ヶ月の海外修行を終え、昭和53年1月ニューヨークで、
日本人初のWWWFジュニアヘビー級選手権王者となり、華々しく凱旋帰国。日本のジュニアの一時代を築く。
昭和56年にヘビー級に転向。体格差に苦しむが、57年に念願のヘビー級タイトルを奪取。だが、昭和63年試合中の怪我
(椎間板ヘルニア)により、戦線離脱。一時は再起不能と言われ、引退を余儀なくされるも、1年3ヶ月にも及ぶ治療とリハビリの末、
奇跡のカムバックを果たす。
平成7年10月には、プロレスの原点回帰を追求し、“無我”を結成。イギリスの名門ビリーライレージムと提携。基礎のしっかりした
レスリングを若い世代のプロレスラーに伝えることを目的にスタートした。
平成10年4月4日には、師アントニオ猪木引退記念試合において王者佐々木健介を破り、第24代IWGPヘビー級王者に返り咲く。
なんと44歳にして通産6度目という偉業を達成。
翌平成11年6月には、新日本プロレスリング㈱の代表取締役社長に就任。
平成18年新日本プロレスを退社。無我ワールドプロレスリングを設立。

著書
  • 藤波辰爾自伝/未完のレジェンド』草思社
  • 『炎のカムバック』三一書房
  • 『藤波辰爾のボディートレーニング』日本文芸社
  • 『ドキュメントブック藤波辰爾・無我』主婦の友社

受賞歴

  • 2015年 WWE名誉殿堂入り

映画

  • 2020年 『エキストロ』(吉本興業)村橋直樹監督/本人役

TVドラマ

その他のTV出演

イベント

  • 『ぎふ 信長の城 サミット』(岐阜県)
  • 『九戸城古戦場まつり 九戸政実フェスタ』(岩手県)
  • 『ニューコレクション・ファッションショー』モデル出演
  • 『川越少年刑務所・一日所長』(法務省)
  • 『幸警察署・一日警察署長』(神奈川県)
  • 『四日市市東署・一日警察署長』(三重県)
  • 『君津警察署・一日警察署長』(千葉県)
  • 『調布郵便局・一日署長』(調布市)

CM

  • 『OSG・コーポレーション』
  • 『サッポロ・ビール』
  • 『キリン・のどごし生』

ラジオ

  • ユリオカ超特Qのピカピカ高速船』(勢太郎の海賊ラジオ)
  • FUJINAMI FAMILY's ROCK ME RADIO!!』(鳥越アズーリFM)
  • 大竹まことゴールデンラジオ』(文化放送)
  • 激落ちくんレック presents プロレスの勝ち! neo』(TBSラジオ)
  • 『WATA U DOING?』(CROSS FM)
  • 『吉田照美の○○家の午後8時』(NHKラジオ第1)
  • 『後藤麻衣の心配ないさー』(ラジオ日本/新潟放送)
  • 『永野のみなもとのもと!』(大分放送/茨城放送/長崎放送)
  • 『Homeyトーク ~本当にいい家教えます~』(ラジオ日本AM)
  • 『高橋フムミの勝手に聴きやがれ』第119回(市川うららFM)
  • 『アナウンサーのディープな夜』(NHK)
  • 『ボイス』(FM横浜)
  • 『J'sコーリング』(J-WAVE)
  • 『グループ』(J-WAVE)
  • 『こども電話相談室』(TBS)
  • 『テリー伊藤ののってけラジオ』(ニッポン放送)
  • 『ビバリー昼ズ』(ニッポン放送)
  • 『おはよう中年探偵団』(ニッポン放送)
  • 『団塊倶楽部』(ニッポン放送)

WEB

雑誌

講演
  • 演題:ネバーギブアップの我がプロレス人生
  • 講演実績:早稲田大学/関西大学/関西学院大学/新潟大学/上智大学/中京大学/帝京大学/慶應義塾大学/国士舘大学/東京経済大学/福岡工業大学/日立製作所/第一製薬/茨城JC/河内長野商工会/長崎商工会/相田みつを美術館/奄美大島ふるさと祭り/石川県子育て支援財団/麻布台学校教育研究所/その他多数